年齢と部位と改善

看護師

頚椎椎間板ヘルニアは年齢層と部位に関連性があります。若い人は腰周りに痛みがあり、中高年は首周りに痛みが生じます。また、改善の可能性については症状の種類によっても異なります。しかし、いづれの場合であっても、手術しなくても改善することは多々あります。

腰の痛みの知識を深めよう

医者

腰痛には一時的な筋肉の炎症が原因のものと、深刻な病気に繋がるタイプのものが存在します。腰痛は主に座っている時に発生しやすく、座り込む位置や足を地面につけているか、背筋は伸びているかという点を工夫することで、痛みを軽減できます。

神経障害と首への負担

あらゆる情報を解禁しています。ヘルニアの気になる症状や改善方法については、こちらのサイトがおすすめです。快適な暮らしを取り戻しましょう。

神経障害

医者

ヘルニアというのは、椎間板が異常に外に飛び出してしまっていることを言います。このヘルニア化した椎間板が神経に当たっていろいろな悪影響をもたらします。どのような悪影響かというと、どこの神経に触れるかで変わってきます。たとえば、神経の枝に触れた場合は、肩、腕、手に痛みを感じたり、しびれたりします。神経の枝というのは、首のあたりから肩、腕、手に伸びていく神経のことを指しています。こうした症状のことを「神経症状」と言います。また、椎間板が神経の枝ではなく中心部に当たった場合は、両腕や両足の下の部位に痛みやしびれを感じます。これを「脊髄症症状」といいます。他にも、細かい手作業ができなくなったり、きちんと歩くことができないといった症状もあります。

首への負担

椎間板がヘルニア化してしまうと、首への負担には要注意です。首に負担がかかると椎間板が神経を圧迫してしまうのです。そうなると、うがいをするために顔を上に上げたら激痛が生じる場合があります。あるいは、後ろを向くときにも痛みを感じることがあります。他にも何もしていないのに、腕に重みを感じてしまうこともあります。その場合は、痛みの緩和方法があります。頭の上に手を置く動作です。人が照れるときに行う仕草ですが、緩和効果があります。こうしたポーズを取っても痛みが全く緩和されない場合は、病院にいって手術をすることをお勧めします。痛みがあるのに放置しておくとヘルニアの症状が悪化するだけです。早期に治療をすれば、手術をしなくても済む場合もあります。

予防に役立つコルセット

看護師

高い頻度で発生する腰痛の予防に役立つので、コルセットを装着することが、人気になっています。コルセットの装着部位は、下腹部に巻くと、腰部への負担が減少して、胃の圧迫も軽減されます。また、装着する時間を限定すると、筋力低下を防ぐことが出来るのです。